CRCの治療術

 

CRCの科学は、大腸がん(CRC)、血管形成(新しい血管の形成)の役割、遠隔転移を有する大腸がん(mCRC)患者への抗血管形成治療法の重要性についての世界的意識を高めることを目標としています。

 

血管形成財団は、正確でわかりやすいmCRCの抗血管形成治療法の効果を裏付ける、役に立つ資料を提供しています。mCRCの罹患患者全員が関連した治療知識を得れば、がんと闘うために実践的な一歩を踏み出せると信じています。

本資料を使用すると以下の事項を学べます:

 

  • CRC早期発見が重要な理由
  • CRCが生活の質に与える影響
  • CRCの進行と血管形成の関係性
  • 血管形成抑制治療がmCRCに与える影響
  • 特定の血管形成抑制治療と、その効果、副作用、mCRC治療法の効果を裏付けるデータ
  • mCRC治療の臨床試験の概要
  • 参考文献
  • mCRCに関するその他の役立つ資料にアクセスできるリンク

血管形成財団

血管形成財団は、体内の毛細血管成長の血管形成に着眼した画期的なアプローチを利用し、疾患の回復を援助する世界初の非営利組織です。血管形成は大腸がんなどの疾患を含む健康の”共通項”です。

 

財団は血管形成抑制薬の開発の第一人者です。ご自身に関する大切な健康知識を理解頂くための専門知識を共有しています。CRCの治療を理解することで、患者、患者団体、医師は治療結果に基づいた積極的な治療及び定期治療の必要性と結果ついても理解できるのです。

 

血管形成財団は、1994年、マサチューセッツのケンブリッジに設立されました。弊社の目標は、血管成長の均衡を維持ながら健康に長生きできるお手伝いをすることです。患者、医師、研究員、企業、寄付者、政府と協力しながら、企業調査、教育、支援活動を通して‐私達はがん、失明疾患、創傷治癒合併症、その他様々な重度の疾患に関する安全かつ効果的な治療法の知識を患者にお届けしています。

 

科学組織として、血管形成財団は個人、機関、商業媒体から独立しています。血管形成関連薬から得た利益のみで世界中の人々にコミットし、生活、四肢、視覚を保持できる治療を必要な方に提供しています。

私達のミッション

血管形成財団のミッションは、教育と支援活動を通して世界の健康を改善し、患者にがんと積極的に戦える知識を提供することです。がん患者、患者団体、医療サービス提供者と協力し、CRCの血管形成治抑制療法の知識を広めることで転帰が改善できるよう活動しています。
 

CRCの患者は、このサイトをご覧いただくとご自分の症状がわかります。ご自身に最適な治療法を選択するための知識を積極的に学んで下さい。

行動に移す

CRCの治療術の資料をご覧いただきますと、病状を判断し、ぴったりの治療法を探し出すのに必要なステップがわかります:
 

  • CRCと治療の選択肢について学びましょう。
  • 医師と一緒に、最適の治療法を探しましょう 。
  • 早期治療の重要性と症状についての知識を共有しましょう。